トップページ > お役立ち情報 > 何故ストレスが身体の不調を起こすの?

何故ストレスが身体の不調を起こすの?

ストレス(精神的疲労:例えば職場の人間関係の悩み、家庭内の悩みなど)によって体の不調(自律神経の乱れ)になるかというと、ストレスがかかったり、過度の緊張状態が続くとノルアドレナリンやコルチゾールなどのホルモンの分泌が活発になって、抹消血管が収縮するため血流が悪くなり、筋肉に乳酸が蓄積しやすくなり筋肉のコリが強くなったり、内臓の働きが悪くなり胃痛、便秘、頭痛、気力がわかない、不安イライラ、記憶力の低下、抑うつなどの症状がおきてきます。

そして、これらの自律神経の乱れからくる症状は
『病院に行って医師に診察してもらい、
薬を飲んでもその症状(病気)がよくなるわけではないのです。』

自分の体の血流をよくし、自律神経の働きをよくするするしかないのです。
そのためにはどうしたらいいか・・・・・ 鍼灸師やまざきあつこの鍼灸マッサージ、ミラクルウェーブで誰にでも備わっている自己治癒力を上げていき、日々の疲労をためないことが大切です。

お問い合わせはこちら
地図

鍼灸師やまざきあつこには辻堂・藤沢・茅ヶ崎・戸塚・大船・藤沢・平塚・鵠沼などから来院されています。